破傷風(はしょうふう)の症状と治療と改善について


健康エリートハウス
破傷風(はしょうふう)
-
破傷風と健康食品について

傷口から侵入し発症 〜 「破傷風(はしょうふう)」


破傷風は、破傷風菌が傷口から侵入することによって発症する細菌疾患で、
場合によっては「窒息死」することもある、とても危険な病気です。

破傷風は半数が死亡する危険な病気

破傷風菌は、田畑や庭などの汚い土の中に存在し、ケガをしたときにその傷口から侵入します。潜伏期が4〜14日、その後で破傷風を発病します。

破傷風菌が体内に侵入すると、菌から生産された毒素が末梢神経や脊髄の細胞に入り、その機能を破壊します。

破傷風が発病すると、全身の筋肉がけいれんを起こし、呼吸ができなくなって約半数が死に到ります。

呼吸ができなくなるのは、横隔膜と呼吸筋が犯されるためで、発症してから最初の1週間が生死の境目になります。

破傷風にかかったら〜血清の注射、気管切開も

もしケガをしたときは、きたない土や泥をよく洗って消毒することです。
破傷風にかかった場合は、毒素を中和するために抗毒素血清を注射し、抗生物質も併用します。

けいれん発作が起こっているときは強力な鎮痛薬を注射し、麻酔をかけて呼吸筋を弛緩させ、気管切開して人口呼吸器を使います。

破傷風の対策〜まずは予防注射

破傷風には、予防注射をしておくことが必要です。

発病して筋けいれんが起こったようなときには、いろいろな薬物を使っても決定的な効果は期待できません。「予防」することが重要となってきます。

破傷風を食生活で改善

ウイルス、細菌に対して対応する、正しい食生活でサポートすることが理想的です。

▼ 腫瘍/免疫のトラブル
子宮筋腫について
子宮内膜症
蓄膿症とは
鼻茸(はなたけ)
いぼ痔、切れ痔など
ポリープとは
膠原病(こうげんびょう)
▼ 細菌によるトラブル
膀胱炎とは
尿道炎とは
扁桃炎(扁桃腺)
破傷風とは
ヘルペスとは
骨髄炎とは
▼ その他のトラブル
三叉神経痛について
パーキンソン病
バセドウ病

▼ トラブルのコラムトップ

トップへ 上へ

破傷風(はしょうふう)の症状と食生活による対応〜紫イペのサプリメントでサポート。
copyright