子宮筋腫の症状や手術について


健康エリートハウス
子宮筋腫
-

子宮筋腫と紫イペストロンについて

女性特有の病気である「子宮筋腫」。
その発生原因は未だ解明されていません。

【子宮にできたこぶ 〜 子宮筋腫とは?】

子宮筋腫とは、子宮の筋肉にできた良性の腫瘍のことです。良性なので、どんなに大きくなっても組織を破壊したり、転移したりしないので、命を脅かされることはありません。しかし筋腫ができたことで、いろいろな症状が起こるために問題となるのです。

子宮筋腫があるとガンになりやすいとか、そのまま放置しておくとガンになってしまうのではないかと心配する人が少なくありません。しかし、子宮筋腫はガンではないので、ガンなどの悪性のものに変化することはありません。

子宮筋腫の核は、筋腫核(筋腫の芽といわれます)から発生します。ガンのように、ひとつの細胞が急激に増殖して広がるのではなく、ひとつの核からひとつの筋腫ができるのです。

つまり、筋腫が3つあれば、3つの異なった細胞の核からできていることになります。ひとつの子宮にたくさんの筋腫ができることがありますが、もとになる細胞はそれぞれ単独の細胞で、べつべつに大きくなってゆくのです。

通常、筋腫がひとつしかないということはまれで、数個から、ときには無数の筋腫ができることがあります。


 発生時期について >>


子宮筋腫とは  2.発生時期  3.発生の原因  4.免疫力について  5.筋腫の大きさ
 6.筋腫の種類  7.症状について  8.不妊との関係  9.子宮腺筋症  10.子宮内膜症
 11.子宮肉腫とは  12.子宮筋腫の検査  13.改善方法  14.改善方法の選択  15.手術方法
 16.手術の種類  17.手術後の注意  18.食事について  腫瘍トラブルTOP  紫イペTOP
子宮筋腫とは〜健康食品の紫イペ/サプリメント販売
トラブル伝言板
copyright