ゲルソン式がん食事療法トップ


健康エリートハウス
ゲルソン式がん食事療法
-

ゲルソン式がん食事療法と紫イペについて

ゲルソン式がん食事療法とは、アメリカのマックス・ゲルソン博士(1881〜1959)が1930年代に開発した治療法で、食生活を変える(改善)することによってがんを萎縮させたり予防するというものです。

塩や悪玉コレステロールの原因となる油脂、動物性たんぱく質の摂取を禁止したり、無精白の穀類の摂取、カリウムやヨードの補給、大量の野菜または野菜ジュースの摂取を行います。また、コーヒー浣腸なども行います。


「引用・参考:『【決定版】ゲルソンがん食事療法』(徳間書店刊)」


▼ 基礎編  ▼ 実践編 ▼ 実例編
食事療法とは
ゲルソン療法について
食生活の変化
推奨・禁止の食物
野菜ジュース
栄養補助
コーヒー浣腸とは
食事療法のおさらい
ゲルソンジュース
ジュースの作り方
スープの作り方
サラダの作り方
コーヒー浣腸
自宅療法
リンパ腫
悪性黒色腫
卵巣がん
喉頭がん
肝臓がん
乳がん
すい臓がん
copyright