新生血管を直接攻撃する紫イペについての解説


紫イペの販売/健康エリートハウス
新生血管を攻撃する紫イペ
-

ガンに効く栄養素とは

ガンと言えば治療が難しく、手術をしても転移して再発する可能性がある恐ろしい病気です。初期ならばまだしも、進行してしまったものでは抗ガン剤による副作用に苦しみながらの治療が待っています。

ですが、そんな重篤な副作用が現れず、進行したガンにも効果を発揮すると言われている成分があります。それが、アマゾン川流域に自生する樹皮に含まれる天然由来の成分です。

天然由来だから安全ということではありませんが、インカ帝国が栄えた頃から人々に利用されてきたこの薬木には、稀に下痢になるという副作用しか見つかっていません。

ガンジーも30年間、薬効ハーブとして紫イペを愛飲してきたほどで、感染症や炎症、アレルギー、糖尿病、リウマチなど、様々な病気に注目されてきました。

紫イペと栄養素、ガンについて

この天然成分は万能薬とも言われるほど幅広く効果が現れますが、なかでも今も難病とされるガンや白血病が注目されるのは当然でしょう。

そのメカニズムは、異物であるガン細胞を攻撃する抗腫用作用、免疫の要であるナチュラルキラー細胞の活性化、ガン細胞が増殖するために自ら作り出す新生血管を攻撃する3つの作用によるものです。

つまり、自らガン細胞を攻撃するだけでなく、味方をパワーアップさせ、敵の補給路を断つことで、効果的にガン細胞を抑制、死滅させるのです。

しかも、副作用がほとんどないだけでなく、抗ガン剤による副作用を軽減する作用もみられ、投薬治療と平行して利用することもできます。

紫イペの効果的な摂り方

紫イペは、昔から万能ハーブと呼ばれ、ハーブティーとして飲まれてきました。
お茶は毎日飲むものであり、継続して摂るには最適な方法です。

このハーブティーには有効成分だけでなくビタミンやミネラルがバランスよく含まれており、一度にある程度の量を摂らなければ効果を実感できません。

効率よく有効成分を摂るためには、1回に摂れる有効成分の量や純度、吸収率が高いほどいいと言えます。

ですから、紫イペの効果を実感したいなら、毎日十分な量を手軽に摂れる高品質なサプリメントなどを選ぶ必要があるでしょう。


▼ 様々なトラブルに対応する南米ブラジルの巨木「紫イペ」のコラム
お支払い方法配送・送料お届けについて
返品・交換個人情報の保護
会社案内
0120-232-990
copyright